3児のパパが宮城県で狩猟やり始めました。

吾輩は猟師である成果はまだない

猟師2年目

狩猟時の服装。スパイク付き長靴はもう嫌!機能も価格も、ついでにオシャレも大事!

『狩猟 服装』なんかでグーグル先生に聞くと色々なサイトでスパイク付き長靴じゃなきゃ・・

上下オレンジ色の服じゃなきゃ・・・

みたいなのを目にするんだけど、いやいやいやいや好きな服装でいいじゃん!ってのが正直なところw

前回のリュックの中身記事

銃猟初年度で単独鹿猟に持っていったリュックの中身

でも書いたけど、罠猟なのか巻き狩りなのか単独猟なのか鹿猟なのか鴨猟なのか、はたまた網猟なのか。

その猟スタイルで荷物も変われば服装も変わっていいはずだし、絶対こうじゃなきゃいけないってのはないはずだと思います狩猟登録の徽章を身に付けたりっていう最低限のところ以外は。

なので自分の狩猟時の服装をのせてみたいと思います。

まずはインナー

しまむらで販売しているFIBER HEAT(ファイバーヒート)

同じ様な暖かいインナー商品・価格でユニクロのヒートテックやABCマートのヒートブレスなんかもあるけど他社の物に比べ厚手で比較的体にフィットする感じに作られているので着比べた結果これが一番気に入って着用しています。

価格も1000円以下とコスパ最高ですし。

トレランをする友人からはモンベルの『ジオライン』を進められてるけど、流石にインナーで5000円超えはちょっと^^;

鹿や猪をバンバン捕れるようになったら考えたいけど・・・まぁ無理でしょうw

アウター

これはワークマンで販売されている薄手の防寒着で、リアルツリー柄に一目ぼれして購入した商品で値段は1500円程という驚きの価格。

獲物を追って動いている時は冬の雪が降ってる時でも基本的に暑くてヒートファイバーのインナーの上に狩猟ベストを着る感じなんだけど、早朝の動き出しの時や休憩中なんかは冷えるんで着ていくけど途中からはリュックの中に仕舞ってるんで、この薄手の防寒着が非常に助かってます。

ちなみにこのワークマンの商品は猟友会界隈で人気で同じ支部内でも何名か着用している程w

ベスト

これは銃猟を行うに際してこちらの記事で購入した猪鹿庁狩猟ベスト。

ちなみにベストのポケットには

こんな感じで

・双眼鏡(Nikon 双眼鏡 スポーツスターEX 8×25D ダハプリズム式 8倍25口径 )

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコン(Nikon) 双眼鏡 スポーツスターEX 8×25D CF
価格:8287円(税込、送料無料) (2019/5/20時点)

楽天で購入

 

 

胸ポケットに仕舞え、コンパクトかつ軽量でそれなりに見えるって物を探しこれになったんだけど、正直単独鹿猟では山頂から海の方を眺めたり休憩中にリスを観察したりw

と、景色を楽しんだりする以外では使いませんでした。

だって8倍ズームで見つけた鹿を撃てるような銃を自分は所持してないし、たとえ見つけたとしても撃てる距離まで気づかれずに距離を詰めるって暗殺者のような技術も持ち合わせてないので。

・ヘッドライト

 

もし何らかの事情で山を出るのが遅くなったときに使おうと準備してある168ルーメンとかなり明るいヘッドライトです。

実猟では使う事は今のところなかったけど、有害なんかで捕まった猪を貰い夜に解体したりする時なんかはめっちゃ大活躍してました。

・ティッシュ

・ゴム手袋

あとは一番下の装弾ポケットに弾を入れるくらい。

靴下

厚手でつま先とかかと部分が更に厚手になってる防寒用靴下で、これまたワークマン商品で確か4足セットで1000円とかw

パンツ

登山用のパンツです。ウエストベルト付きでストレッチ素材なので岩場を登ったりする時にもストレスにならないし、両サイドと後ろの右側にファスナー付きのポケット

付いているので猟場で車の鍵を落とした!?スマホを落とした!?なんて事にもならいし、何気にファスナー付いてるポケットって必須中の必須と考えます。

しかもパンツの裏地ボーラーフリースが施されていて

氷点下だろうが全然寒くなく防寒もしっかりしているのに加え防水・防汚機能もしっかりしていて解体なんかで血が付いたりしても水ビシャーで綺麗になるし、藪をこいで進んだりしても破ける事はおろかパンツに傷が付くこともなかった優れもの。

狩猟グッズを色々買い揃えたけど、その中でもこのパンツは本当に買ってよかったと思える商品の1つです。

デザイン的にも冬場普通に履いてもおかしくないし♪

ちなみに参考までに168cm、65kgの自分が購入したのは秋冬用のミリタリーグリーンのサイズSですがスニーカーやブーツなんか履いた時でも丈は気にならずに調度良い感じです。

トレッキングシューズでナイキのアウトドアブランドACGのタカオというモデルです。

ミドルカットでトレッキングシューズとしては非常に軽量でありながら

防水と透湿性に優れたゴアテックスも備えつつアウトソールも

しっかりしているので濡れた岩場を通って行く時も滑らないし、雨上がりのぬかるんだ山道も全然ストレスなく歩くことができ、走る場面って早々ないと思うけど急ぎ足で山をかけあがって登った時もミドルカットで足関節に自由度があるので凄い楽に登れました。

それに自分の場合早朝から夕方まで山を歩き回るのでトレッキングシューズという選択肢は大大大正解でした。

猟場の下見で1度トレッキングシューズではなく、スパイク付き長靴を履いて同じ様に10kmほど山を歩いたんですが長靴なのでフィット感がある訳ではなく、足にかいた汗が蒸れて途中から歩くたびに踵が擦れてまともに歩くことが出来ずに帰ってきたら靴下は血がびっしょりで踵はこんな感じにw

こういう経験もあって自分は狩猟時には必ずこのトレッキングシューズを履くようにしています。

参考まで普段スニーカーだと26cmを履くんだけど、このタカオの場合26cmでもやや大きく、狩猟時に履く厚手の靴下を履いてちょうどいい感じです。

ちなみにメルカリで5000円くらいでしたw

って事で全体の服装としては

こんな感じの格好で狩猟を行ってます。

ほんっと絶対にコレ!じゃなきゃって狩猟の服装はないと思うし、普段自分はスーツを着る仕事じゃないんで、たまにスーツを着たときには何か気分が引き締まる思いってのがあり狩猟時にも似たような感覚があります。

猟友会のダサ・・・かっこいいベストを着て、ダボっとしたパンツを履いて長靴履いてって王道のスタイルは間違いない選択肢なんだろうけど、やっぱり着るだけで気分が上がる!自分が好きな服で猟場に行きたい!少しでもオシャレな服を・・・ってのは大事だと自分は考えます。

たとえ獲物が取れなかったとしても、好きな服装に身を包んで好きな事をやってるってのが最高に楽しい時間だと思うんで^^

なので、狩猟に限らずに色んな分野でも好きなメーカーやカッコイイ、可愛い服を取り入れて『まずは形から』ってのが成果が得られなくても長続きする条件の1つなんだと思います。

正直、定番の猟友会スタイルで必ず出猟しなくちゃいけないって決まりがあったら自分は長続きしないと思いますしwww

 

 

-猟師2年目

Copyright© 吾輩は猟師である成果はまだない , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.