3児のパパが宮城県で狩猟やり始めました。

吾輩は猟師である成果はまだない

銃猟

銃猟6回目 鹿を追いかけ入山中に巻き狩りに遭遇?

年度末で仕事や子供の行事に追われ思うように出猟できない日々が続いてます。

理想を言えば一週間位山に篭り日の出と同時に猟へ行き、日の入りと同時にテントへと戻る。夜飯は捕まえた獲物を喰らい星空を眺めながら、その日の猟を反省しながら酒をちびちび・・・

な~んて事を一度でいいからしてみたいと思ってはいるけど、まぁ確実にその一度が嫁の堪忍袋を切る事になるのを知っているので実行には移せない訳でwww

という事で2月始めにつかの間の合間時間を使い、鹿さんを捕らえるべく安定の牡鹿半島へいざ出猟してきました。

朝3時から自分が行く猟場近くの海沿いで釣りをしているという職場の同僚の所へ朝6時頃に寄ってみたら、どんこ一匹しか釣れていないという事で何故か一安心w

で、その同僚と話しをしてたんだけど

『夜中釣り場に来るまで鹿を20頭近くみましたよwあいつら全然避けないで普通に数m先歩いてるからめっちゃ怖かったwww』

え~~~~~~~~~!!!

こちとら鹿を探して山の中を数km歩いて、鹿を見ない時もあるというのに。

しかも群れの数といい、人が居るのに避けないなんて鳥獣保護区で安心しきってんじゃ~って釣り場の近くをハンターマップで確認するも普通に銃猟可能場所w

まぁ日の出前だからどっちにしても撃てないんだけど時間帯が違えばそんなに居るのかと驚き。

ってな訳でいつもの猟場へ到着し10分ほど歩くと鹿が4頭!

距離は約100mほど。

撃つ?

いやスラッグで100mはちょっと無理があるなぁと思い気づかれてるのか気づかれていないのか分からないけど、ぼーっとしてる鹿も居ればキョロキョロ見ている鹿もいるので距離をつめる作戦。

が、下は落ち葉だらけで数歩歩いただけでピー!!っと鳴かれ逃げられるw

猟場に着いてすぐにこんなチャンスに巡り合えたのに・・・と悔いが残る。

ので逃げた方向へ自分も鹿を追いかける。

極力音を出さないように追いかけていくが依然足跡は見えるものの姿は見えず。

もしかしたら向こう(鹿)からは、こちらの姿は見えていて自分が進んだ分だけ逃げられているんじゃなかろうか?とか考えながら抜き足差し足で2時間ほどかかり山頂付近まできたので小休止。

地面に座りリュックに忍ばせたスニッカーズを頬張り、アクエリを飲んでいたところ

ドーーーーン!!!

自分が登ってきた下の方から銃声が。

あちゃ~さっきの鹿の群れはまた下の方に行っちゃったのかなと考えていたら続けざまに

ドーーーーーン!! ドーーーーーン!! ドーーーーン!!

・・・・・

ドーーーーン!! ドーーーーン!! ドーーーーーン!!

!?

ドーーーーン!! ドーーーン!! ドーーーーーン!!

・・・・・・あっようや収まった@@;

ドーーーン!! ドーーーーン!!

・・・・撃ちすぎだろ!!!!

犬の声はしないけど巻き狩り?それとも数人で来て撃ってるの?

今まで猟場で遠くの方から銃声が聞こえる事はあったけど、こんだけ近くでしかも銃撃戦でもやってんのかって位撃ちまくってるのは初めて。

自分が今入っている山に登るには川を越え急斜面を登ってくるか、自分が車を置いた場所からしか入ってきづらい場所なんで絶対に後者だと思うんだけど・・・

そうなると自分の車が置いてあって自分1人もしくは数人で山に入ってるって認識しててもおかしくない状況なのは分かってるはずなんだけどなぁ。

それでもこんだけ撃ちまくるって怖いわ。

こんだけ銃声した山で鹿が逃げて行ってないのか分からないけどグーグルアースで確認すると尾根まで直線距離で数百mだったので、天気も良いし尾根付近で鹿さん日向ぼっこしてないかなぁと淡い期待を胸に歩みを進めていくと尾根の方から

ザッザッザッ!と凄い勢いで駆け下りていく音が。

音がせども姿は見えず><

その後は尾根沿いに歩きながら朝上ってきたルートとは別のルートを歩いて下山中に小さな水の流れている箇所があり

明らかに

獣道となっていて鹿さんが水を挟んで飛び越している形跡が。

こういう所にくくり罠とか仕掛けたら面白そうだな~とか考えながら・・・

結局山中を朝から夕方まで8km弱歩き回って安定のボウズ!www

宮城県内では3月15まで鹿猟できるから後一回くらいは山に行きたいな~。

 

 

 

 

-銃猟
-

Copyright© 吾輩は猟師である成果はまだない , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.