3児のパパが宮城県で狩猟やり始めました。

吾輩は猟師である成果はまだない

猟師2年目

猟場の下見に行ってみたら現地で得られる情報量の多さに驚いた

今年の狩猟登録は銃猟のみで登録してきました。

わな猟もまたやってみようかなぁとも考えたんだけど、去年のわな猟も夜中にわなを仕掛けて見回る的な感じでまともにわな猟をやる時間がなかったのに今年どっちもやる時間なんて絶対ないな。。。

という事から初の銃猟の方に力を入れてやってみる事に。と言っても何回出猟できるんだか^^;

限られた狩猟期間で限られた出猟チャンス・・・それで成果を得るには事前に猟場の下見が必要だろう。という事で仕事をさぼって実際に猟期が始まる前に猟場探しをしてみました。

鹿やカモ類なども捕ってみたいけど、まずはイノシシに狙いを定め猟場を探していきます。

探し方としては

1.ハンターマップから銃猟が可能で、尚且つ家からそう遠くない場所を選定

2.国土地理院の地図から猟場となる場所の付近に構造物などがないか確認。TV『ポツンと一軒家』で紹介されるような人里離れた場所に民家などがないか

3.Googleストリートビューを使い実際に猟場予定の近辺を見てみる。猟場に行くまでの道路の舗装状況や猟をする際にクルマを停められそうな場所があるか

良さそうな場所が見つかったら実際に下見に行ってみる!

目的地に着くも道路は林道となり、途中からはなかなかの悪路。

この日は下見という事でバリバリのワンボックスファミリーカーで来ていたので、林道手前にクルマ1~2台停められそうなスペースを見つけたので、引き返してそこに停めて歩いて散策する事に。

クルマを停めて入山する準備をしていると軽トラに乗ったおじさんが自分を見つけクルマを停め

おじさん『あんたーなにしてんだ?キノコでも捕りにきたんか?』

イノシチ『いや自分狩猟をするもので、この辺りで猟期が始まったら狩猟をしようと思って下見に来たんです。この辺の方ですか?』

おじさん『あ~この辺に住んでてしょっちゅうこの辺のキノコ捕ってるよ。この辺はイノシシも多いし昨日なんて5匹の親子連れが堂々と道歩いてたよ。w』

イノシチ『凄いですね~!やっぱりこの辺りには多いんですねありがとうございます!』

と言って去ろうとすると・・・

おじさん『あ~お兄ちゃん!もけっこう多いから気をつけなよ!今小さいオス熊が低いところまで下りてきてるから。』

イノシチ『えっ!?熊ですか・・・www気をつけて散策してきます!ありがとうございます!』

たまたま近隣に住むおじさんに会えた事で色んな情報を得る事ができました♪

っていうか熊か・・・ドラクエで言えば初期のこん棒と皮の服位の装備でエスタークの根城をうろつく様な緊張感。

間違ってもエスタークに合わないようにスマホでガンガン音楽を鳴らしながら散策する事に。

近くには川も流れてるし林道からちょっと入ると

獣道を発見し、獣道を踏まないように道を辿って行くと

ぬた場?らしきようなポイントも。

お~これはイノシシさんじゃなくても間違いなく何かしら捕れるんじゃないか♪というワクワク感で更に辺りを散策すると

??????

なんか・・・7cm程の足跡の横に更に倍以上大きい足跡が・・・

実は同支部の若手猟師間でライングループがあり、自分もそこに入れてもらってるのでこの写メを見れば誰か足跡の主を考察してくれるだろうと思い送信。

しばらくすると

Kさん『これはイエティですね。』

!?!?!

なにーーーーーーー熊じゃなくて!?

その後ちょっとした討論の末

チュパカブラの足跡という事で落ち着きました。

いや~めちゃくちゃ頼りになる先輩方だぜ!!!w

とりあえず銃も鉈も何も持ってない状況でチュパカブラに会うのはごめんなので猟場の下見を終え帰路に。

猟場の下見をした感想としては猟期中に来る時はMyファミリーカーじゃなく実家で使ってるパジェロミニで来れば林道も問題ないだろうし、近くに小さな川も流れていたので万が一捕れたらそこで冷やしたりもできるかなと。

そして何より地図上でイノシシが居るんじゃないかなぁという事で下見に来たんだけど実際歩いて獣道を見つけたり、近隣のおじさんとの出会いで確実にイノシシが居るという情報を得られたことが大きな収穫になりました。

まぁ同時にチュパカブラも居るという事も分かりましたし^^;

こんな感じで猟期が始まるまでもう少しだけど猟場となりそうな場所を新規開拓していこうと思います。

 

-猟師2年目

Copyright© 吾輩は猟師である成果はまだない , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.