3児のパパが宮城県で狩猟やり始めました。

吾輩は猟師である成果はまだない

罠猟

くくり罠最強か!?新米猟師が10日で3頭の鹿を捕まえる

えっとまずはタイトルの通り宮城県で狩猟解禁となった11月15日から10日ほどで3頭の鹿を捕まえることができました。

去年の銃猟では結局猟期中に鹿一頭しか獲る事ができなかったので

銃猟1年目 犬なし単独猟で雌鹿1頭を捕まえ始めての猟果を得る

今回の猟果に正直自分が一番驚いてますw

今年はくくり罠に力を入れてやってみようと思い事前に色々な自治体や団体で出している鹿対策の資料を読み漁り・・・

鹿の誘引捕獲狙いでエサ(アルファルファ)を買ってみた

その資料で得た知識を実戦で使ってみました。

もうね早く実戦で知識をアウトプットしたくて14日の夜からウズウズして寝られないっていう毎年お決まりのパターン。

で、15日は県内でも鹿の多く生息する石巻方面へくくり罠を仕掛けに。

この日はとりあえず、くくり罠を仕掛けるだけなんだけど・・・いや~すごい楽しいw

ちなみに仕掛けたのはこんな感じの

なだらかな傾斜にある獣道で

 

 

緩い傾斜を登るスタート地点①と獣道が合流する部分②

そしてその獣道の先で更に上に登っていくために獣道が細くなっている場所

こちらにもくくり罠の15cm手前で高さ15cmほどになるように木を並べ設置③。

更にその周辺の獣道沿いに

誘引捕獲狙いで鹿のエサとなるアルファルファを設置しエサの手前にくくり罠を設置④

もう一ヶ所同じくアルファルファを置き

同様にエサの手前にくくり罠を設置⑤

誘引狙いでかけた場所がこんな場所で

色々な獣道が見られ複数のルートが考えられるけど

エサに誘引できる事を考え獣道の合流地点⑥、そこから左側のエサに誘引できた場合を考え倒木の間に⑦、別ルートから誘引をスルーした時の為に倒木から30cm離した所に⑧、更に誘引を警戒して全ての道を通らなかった時を考え別の獣道上の倒木の間に⑨それぞれくくり罠を設置してみました。

そして④、⑤、⑥、⑦、⑧、⑨のくくり罠が見えるような位置にトレイルカメラを設置

ついでに罠を仕掛けた場所から帰る途中で新鮮な鹿の糞が落ちてた場所があったので

そこにも1つ罠を設置⑩

こんな感じで罠を10っ箇所設置した訳で要した時間が約4時間www

かかりすぎ?

こんなもん??

分からんぞ~でも色々鹿の行動を考えながら仕掛けてるんであっという間に時間が過ぎた感じ。

帰ったら3歳の息子から

『え~鹿獲れなかったのパパ!』とか言われたけどねw

はっはっは今に見ていろ~!!!

そして本来なら毎日見回りに行くものなの?みんな場所にもよるだろうけどどれくらいの頻度で行くものなの??

今回は15日に仕掛ける。18日見回り、20日見回り、23日見回り、24日見回り兼罠の一時解除。

という計画のもと、予め仕事の時間休を使ったり家の予定を空けていました。

わな猟の難しいとろこは罠が仕掛けてある間必ず見回りが発生するとこですかね。。

ってな訳で18日に見回りに行ってみるも

変化なし。

とりあえずトレイルカメラの映像をチェックしてみると・・・

うぉ~い!!!

アルファルファ設置した場所を離れた30分後には鹿さんたち来てるしww

まだ自分の臭いが残ってるのか、かなり警戒している様子も伺える。

とりあえず①~⑩全ての罠で変化はなく確実に鹿が来ている確証は得られたから特に罠をいじらずに帰路へ。

20日に再度見回りに行ってみると

うおっ!!!

最後にかけた⑩の場所で1本角のオス鹿がかかってる。

くくり罠で獲物を捕らえた事はコレが始めてなのですげーびびる。

しかも前足をくくられてるけど、すんごい動き回ってナイフでの止め刺しにめっちゃ苦労。

参考までに前足のヒズメ部分にくくり罠がかかってました。

こりゃ早く近くの沢に下ろして解体しないと♪と思い急いで残りの罠を見回ると

うぉっっっ!!!

細い登りの獣道③に仕掛けたとろこで

木に絡まり身動きとれなく虫の息状態のメス鹿が。速攻でナイフで止め刺し。

このメス鹿も前足のヒズメにかかってます。

その後は速攻で2頭の鹿を沢まで運んで解体して、残滓を掘って埋めて更に罠を再設置してと1人で汗びっしょりになりながら格闘し夕方には子供のお迎えにw

23日も見回りに行ってみると特に罠に変化はなく、トレイルカメラをチェックすると20日に捕獲した後は21日は鹿は姿を見せず、22日の夜に警戒しながら辺りをうろつきながらエサのアルファルファを食べるオス鹿が映っていました

21日は鹿が通った映像はなかったので警戒して付近を通らなかったのかな。

しかし22日の夜には警戒しながらもエサであるアルファルファを食べるところを見ると一定の誘引効果はあると考えられる。

で、しばらく12月後半まで罠の見回りする時間を確保できないので24日に見回り兼罠の解除に行くと

うぉっっっ×2!!!

多分カメラに映っていたであろう遠目から見てもけっこうデカいオス鹿が⑤のくくり罠にかかってるじゃあないですか。

接近戦でナイフで止め刺しとも思ったけど近づくとけっこう暴れるので、少し離れた場所からスラッグで止め刺しを行いました。

やはりこのオス鹿も前の2頭と同様に

前足のヒズメにくくり罠がかかってます。

他の罠も見回り&罠の解除をしに回ったら⑨、⑧、②のくくり罠が空はじきされてました。

罠の設置の仕方や間隔などかなり改善の余地有りって事で12月末の再度くくり罠設置の時に活かせるように猟に行けない間試行錯誤してみようと思ってます^^

しかしくくり罠ゴイス~!!!

-罠猟

Copyright© 吾輩は猟師である成果はまだない , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.